So-net無料ブログ作成
天体画像 ブログトップ
前の10件 | -

昔は美女だったかもしれない”IC2118魔女の横顔星雲” [天体画像]

IC2118魔女の横顔星雲です。

庭撮りの私にとっては撮影困難な対象の一つですね。

街明かりのおかげで、色カブリが激しくカブリ補正も途中で諦めたくなるほどです。

当然、薄々の美女....⁇  ではなくて、魔女をを炙り出すのも大変で....(◞‸◟)


今回は軽く薄雲もあった様で大変ノイズの多いものとなってしまいましたが、

魔女の顔にはみえますね(^^♪


IC2118魔女の横顔星雲_ps_sd_1_sd1_完-1.jpg
2020/01/20 20:34~露出 120s×32 iso3200
FS-60CB x1.04フラットナー(370mm)
EOS 6D IR改造(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 30mmf4.3ガイド鏡 QHY5L2-C ステラショット
SI8、PSCC、にて画像処理


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

おうし座の散開星団 M45 [天体画像]

お寒うございます。

ここ数日、ようやく冬らしい気候となってますね。日曜の朝は車の上に薄っすらと白いものが…

月も明るく夜遊びの時期ではないので天気予報もあまり見ていなかったので朝起きて驚きました(*_*;


本日は、おなじみのM45プレアデス星団です。

M45は散会星団ですが、星と星の間に星間ガスが存在していて青白く輝く星の光に反射していて非常に

綺麗ですね。

Wikipedia情報ですと、この星間ガスは元々星々とは関係のないものなんだそうです。

庭撮りでは写りませんが、遠征で空の良い場所で撮影された作品では、

星団の周りだけでなく、広い範囲に分子雲も存在してますよね。


M45 プレアデス星団_ps01_sd-1.jpg
2020/01/20 20:30~露出 120s×30 iso3200
FS-60CB x1.04フラットナー(370mm)
EOS 6D IR改造(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 30mmf4.3ガイド鏡 QHY5L2-C ステラショット
SI8、PSCC、にて画像処理

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

いっかくじゅう座のばら星雲 [天体画像]

世間は、コロナウィルスで大騒ぎですね。

私の住む三重県でも数日前に感染された方が出てしまいました。

翌日から、薬局ではマスクが一気に売り切れ状態になったんだそうです。

幸い我が家では、花粉症の子息がいるおかげで結構な量が買い置きしてあったのでとりあえずは安心です。


本日はいっかくじゅう座の「ばら星雲」です。冬の代表的な散光星雲ですね。

オリオン大星雲を撮影して、馬頭を撮ると次に撮影したくなるのがこの星雲です。

大きくて迫力のある星雲なので、今回はFS-60CBで全体像をいれて撮影していますが、

長焦点で中心部をクローズアップで撮影した作品もいいですよね。


NGC2237 ばら星雲_ps完_-1-2.jpg
2020/01/02 23:15~露出 120s×30 iso3200
FS-60CB x1.04フラットナー(370mm)
EOS 6D IR改造(CLS CCDフィルター)
EQ6Pro赤道儀 30mmf4.3ガイド鏡 QHY5L2-C ステラショット
SI8、PSCC、にて画像処理


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ぎょしゃ座のic405・ic410 [天体画像]

皆様こんちはです。

新月期が近づき、今晩当たり空が良ければ庭撮りでも..と企んでおります。

是非とも星空になることを願いつつ、前回のオリオンに続き、

正月に撮影しました”ぎょしゃ座”のIC405とIC410の定番ツーショットのお披露目です。

皆さんのこの領域を撮影した作品を拝見しておりますと、

星々の青と、星雲の赤のコントラストが非常に綺麗な作品を多く観ることができるのですが、

どうも私の場合、光害フィルターのせいなのか?光害のせいなのか?腕前のせいなのか?何なのかよくわかりませんが、何度この領域を撮影しても、何度この領域を画像処理しても 青が上手く出てきてくれません(+o+)

この際、ペイントで青く塗ってしまおうと...(*ノωノ)

と、思いつつ我慢したのが下の作品でございます(*_*;


ic405_410勾玉星雲_PS完-1-2.jpg
2020/01/01 21:11~露出 120s×30 iso3200
FS-60CB x1.04フラットナー(370mm)
EOS 6D IR改造(LPS-D1 MFF-C2)
EQ6Pro赤道儀 30mmf4.3ガイド鏡 QHY5L2-C
ステラショットで導入・ガイド
SI8、PSCC、にて画像処理


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

8か月ぶりの撮影は初心者同然!! [天体画像]

明けましておめでとうございます。皆様、大変ご無沙汰しておりました。

令和、初のお正月はいかがでしたか?

皆様の、記憶からは忘れられているものと思いながら、blogを書いております。

blogの書き方すら忘れております。

えっ!ベルスター生きとったんかい… はい、生きとりましたぁ(^-^)


昨年の4月に人事異動で完全内勤勤務となり、営業畑30数年のベルスターと致しましては

全てが初めての様な業務ばかりで、天体撮影をする様な余裕が無くなってしまいまして....

以前ですと、仕事中に皆さんのblogを読む余裕もありましたし、

blogをupする事もありましたが、内勤で立場も変わりましたので皆さんのblogすら

拝見しておりませんでした(/_;)


しかしながら、なけなしの小遣いで購入した高額な機材にいつまでも

埃を被せておくわけにもいかず、年明けを機会に再スタートです。

とは言え、前回の撮影が令和になったばかりの5月3日でした。

完全に、初心者に戻っております。元旦の夕方6時頃から準備をはじめて、

赤道儀のアライメントが終わったのが、なんと7時45分でした。

今までなら、20分もあれば撮影開始してたのに(/ω\)

ようやく準備が整い、最初にステラショットで導入したのは初心者なら誰もが鏡筒を向ける

オリオン座大星雲&馬頭星雲です。

夜、妻と二人で犬の散歩に出かけるのですが、天気の良い日にオリオン座が綺麗に

観えていたのを思い出し、再開一号はオリオンと決めてました(^^♪

前のように頻繁には無理だと思いますが、ぼちぼちと庭撮りを再開いたします。


オリオン大星雲から馬頭星雲_完-1-1.jpg
2020/01/01 22:52~露出 120s×30 45s×6 15s×6 iso3200
FS-60CB x1.04フラットナー(370mm)
EOS 6D IR改造(LPS-D1 MFF-C2)
EQ6Pro赤道儀 30mmf4.3ガイド鏡 QHY5L2-C
ステラショットで導入・ガイド
SI8、PSCC、にて画像処理
    機材準備以上に、画像処理忘れてます。マスクの作り方教えてくださ~~いっ....!(T_T)


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

M104 メキシカンハット捕獲 [天体画像]

こんにちは。全然撮影機会に恵まれない今日この頃、中年太りが酷くなってきているので、全然上手くならないのでやめていたゴルフを再び再開し、ゴルフ練習場で小さな玉相手に、健康とストレス解消にいそしんでおります(^-^)


本日は、ひと月前に撮影したM104銀河、通称ソンブレロ銀河です。

この銀河は、おとめ座にある銀河でメキシコのソンブレロという帽子に似ている事からこの相性がついたそうですね。私には、メキシカンハットの方がピンときますが....

この銀河は中心部が大変明く周辺には暗黒帯があり、明暗クッキリしたところが大変美しい銀河ですね。



M104 ソンブレロ銀河-ps1-ok-1-2.jpg
2019/5/3 22:19~露出 180s×30 iso3200
セレストロンC8XLT(口径203mm焦点距離2,000mm)
EOS 6D IR改造(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀
SI8、PSCC、にて画像処理

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カメラレンズでM8&M20 [天体画像]

夏の天の川でも人気があるいて座にあるM8(干潟星雲)とM20(三裂星雲)です。

5月の連休中に自宅で撮影しました。アンタレス付近も撮影したのですが、光害カブリでダメダメでした。

この辺りは、カメラレンズで撮るもよし、望遠鏡で撮るもよしで春から夏の間楽しめる領域ですが、今回は、カメラレンズで撮影しました。広角で撮影すると天の川の沢山の星々と、暗黒帯が入交り私にとって、とても画像処理の難しい領域でもあります。


残念ながら、この新月も天気と休日が上手くかみ合いません(◞‸◟)

本当に今年は撮影ができてません(+o+) ストレス溜まりまくってます…(-_-;)


M8付近-ps3-ok-1.jpg
2019/05/04 00:43~露出 80s×43 iso1600
CanonEF28-135mm(135mm) f/5.6
Eos Kiss X7i クリアフィルター改造(LPS-D1フィルター)
KenkoSEⅡ赤道儀
SI8、PSCC、にて画像処理



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

そろそろ銀河シーズンも終わりですね… [天体画像]

この数か月、ほとんど撮影のチャンスがありませんでした....(◞‸◟)

銀河シーズン撮影したかった対象の半分も撮れずに終了です。

何とか撮影できたのは、残り3対象。

ボチボチと画像処理してブログにアップです。

本日は、4月に撮影した、りょうけん座にある渦巻銀河M106銀河です。

M106は、本来メシエカタログには記載されていなかったそうですが、

1947年(まだ最近)になってからカタログに加えられたんだそうです。

これだけの大きさがあり美しい銀河がカタログに記載されていなっかたというのは不思議な気がします。


M106-ps1-ok-1.jpg
2019/04/01 20:28~露出 120s×16 iso3200
SD103S SDフラットナーHD(811mm(1.02x) F7.9)
EOS Kiss X7i クリアフィルター改造(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C ステラショット
SI8、PSCC、にて画像処理
       トリミングしてみました。

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

久しぶりの庭撮りで”子持ち”をGET! [天体画像]

大変ご無沙汰でございます…

4月の異動で、今までと全く違う立場、業務となり撮影をする余裕が無かったのですが、この大型連休でようやく撮影の機会を得られました(^-^)

まだまだ銀河が多く観られる時期ですので、久しぶりにC8を持ち出しました。このC8は昨年の火星接近に向けて手に入れたのですが、デジイチでの撮影はほとんど経験無しです。

おまけに、2000mmあると対象の導入すら手こずりますね(/_;)

ステラショットでの導入でも、試写で写る星の数が少ない為か中心導入に失敗するんです。

普段だと30分以内で準備完了なんですが…

久しぶりで、要領が悪くなっているのも加わって、設営から撮影開始まで1時間20分も掛かってしまいました…

さぁ、最初に導入したのはりょうけん座にあるM51子持ち銀河です。

この銀河はすぐ近くに伴銀河NGC5195を伴っている事から子持ち銀河と呼ばれているんですね。

数あるメジャーな銀河の中でも、この銀河は独特の形をしてますよね。それだけに天体撮影をされている方なら殆んどの方が毎年撮られている事と思います。


M51子持ち銀河ps1-1-1-2.jpg
2019/5/2 21:02~露出 180s×26 iso3200
セレストロンC8XLT(口径203mm焦点距離2,000mm)
EOS 6D IR改造(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀
SI8、PSCC、にて画像処理
やっぱり、C8のガイドは難しいです(+o+)
まともに、点像で写っている写真は僅かしかありませんでした。大半が星が横に伸びてます(◞‸◟)
それでも、思い切ってトリミング....(これが限界(/_;))


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

花見はしたけど星撮りが出来ず(◞‸◟) [天体画像]

あ~ぁ~ ここのところ全然望遠鏡を出せていません(T_T)

来週には、こと座流星群が極大ですが、お月様がピカ~ンですよね…

今月は出番なさそうです。

と・・・いうわけで本日は、在庫の中から”M64 黒眼銀河”を出品です。

渦巻の中心あたりにはっきりとした暗黒帯を持っているのがM64銀河の特徴で、

黒目銀河と呼ばれる由来だそうです。 


M64 黒眼銀河-ps1-ok-1.jpg

2019/03/01 23:06~露出 120s×30 iso3200
SD103S SDフラットナーHD(811mm(1.02x) F7.9)
EOS Kiss X7i クリアフィルター改造(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C ステラショット
SI8、PSCC、にて画像処理

SD103S SDフラットナーHD(811mm)ではこんなちっちゃいです。

これはこれで良い感じですが、銀河の迫力ある姿も観たいので拡大してみました....


M64 黒眼銀河-ps1-ok-1-2.jpg
やっぱり、天気の良い日に、長焦点で撮りたいですねぇ

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 天体画像 ブログトップ